幼児教育・保育の無償化

[概要]

令和元年10月1日から幼児教育・保育無償化が始まり、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育・保育の重要性や負担軽減を図る少子化対策の観点などから、認定こども園、幼稚園、保育所等を利用する3歳児クラスから5歳児クラスの全てのお子さんの保育料が無償となります。併せて、市民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスのお子さんの保育料も無償となります。(無償化には一部条件や上限額があります。)
副食費(おやつ・おかず等)や行事費、延長保育料などは、保護者負担となります。

<対象となるお子さん>
・3歳児から5歳児クラスの全てのお子さん
・0歳児クラスから2歳児クラスの市民税非課税世帯のお子さん
※1号認定のお子さんで午後利用を希望する場合は、別途預かり保育料が必要となります。

<認可外保育施設など>
・保育の必要性があると認定された3歳児クラスから5歳児クラスのお子さんを対象として、月額3万7000円までの利用料を無償化
・保育の必要性があると認定された0歳児クラスから2歳児クラスのお子さんについては、市民税非課税世帯のお子さんを対象として、月額4万2000円までの利用料を無償化

<認定こども園(幼稚園部分)、幼稚園>
・満3歳のお子さんから月額2万5700円を上限に無償化
・預かり保育料は、保育の必要性があると認定された3歳児クラスから5歳児クラスのお子さんを対象として、1日あたり450円、月額1万1300円を上限として無償化
・保育の必要性があると認定された市民税非課税世帯の満3歳のお子さん(対象となる期間は3歳の誕生日から最初の3月31日まで)の預かり保育料は、1日あたり450円、月額1万6300円を上限として無償化
※利用料の上限額(月額2万5700円)を超える費用(入園金、特定負担金など)については、無償化後も保護者の方の負担となります。
※市外幼稚園利用者は、教育総務課(電話番号:0761-58-2270)までお問い合わせください。

<企業主導型保育事業>
・3歳児クラスから5歳児クラスの全てのお子さん及び市民税非課税世帯の0歳児クラスから2歳児クラスのお子さんの標準的な利用料が無償化
※詳細は施設に直接お問い合わせください。

<障害児通園施設等>
・就学前の障害児の発達支援(いわゆる障害児通園施設)を利用する3歳から5歳のお子さんについて、利用者を無償化
・認定こども園、幼稚園、保育所等と併用する場合も無償化の対象
※詳細は福祉課(電話番号:0761-58-2230)までお問い合わせください。

[手続きなど詳しくは]

「幼児教育・保育の無償化(能美市サイト)」をご覧ください。

幼児教育・保育の無償化(能美市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく